給食室から

木の実保育園の給食室では、子どもたちにおいしく食べてもらえるよう、こんなことを大事にしています。

  1.  季節の味を大事に、旬のものを生かし「行事食」「郷土食」を取り入れた献立作り
  2.  「見た目がかわいい」や「きれいな色の取り合わせ」をし、匂いでも“食べたい”という意欲がもてるメニュー
  3.  嫌いなものでも少しずつ食べられるよう工夫する。
  4.  化学調味料や着色料・保存料等の添加物は、できるだけ使用せず、「手作りの給食」を提供。
  5.  変化のある調理(煮る・焼く・揚げる・形を変えるなど)
  6.  いろいろな食材を見せ、触れさせ、簡単なお手伝いをしてもらう(食育)。
  7.  アレルギー児には除去食を用意。

給食目標・・・

心豊かな楽しい給食を大切に、発育発達に合わせた素材・味付け・調理形態を工夫し、喜んで給食を食べられるようにする。

食育活動について

2・3歳児クラスの子どもたちを中心に、園庭での野菜の栽培・収穫や、食材に触れて皮むきなどのお手伝い体験をしたり、野菜を使った遊びなどを行い、“食”に興味がもてる子を目指しています。
園庭の木の実菜園でとれたトマトはもぎたてをガブリ。ナス、キュウリはすぐに“山形 名物 だし”となって給食でいただきます。
自分たちで手をかけた食材がおいしく調理されると食欲が増します。

 そうめんかぼちゃの種取り

   珍しいけど、この季節の野菜・そうめんかぼちゃの種取りをしました。みんなで種を取ったあとは、お料理せんせいが茹でるとにょろ~んとそうめんのようになります。サラダにして、おいしくいただきました。     

ピーマンのタネ取り(3歳児)

  タネっていっぱい入っているよね

          みてみて

     とれたよ~       

 黙々無言でお仕事。       

 夢中になってタネ取りします。       

アスパラガス折り(2,3歳児)

  「あたしたちに任せて!」

お手伝い上手の女子たち。       

 「せんせい、これでいい?」     

お料理のせんせいにじっくり聞きながらの作業。  

  ボクはいっぱいできるよ。       

 「こうでしょ、こうやって~ここ取るんだよね」

おしゃべりしながらお手伝い。       

しめじほぐし(1歳児)

ボクはじっくり派。とても丁寧にほぐしてくれました。       

  一つひとつとるよ!       

   みてみて!とれたよ。       

   ここをとるのかなあ       

  いっぱいほぐしたよ。

 カサのところをジクからはずしたい

               1歳児・・       

   せんせい、できたよ~       

行事食について

行事にあわせ、目で見て楽しいメニューに力を入れています。

こどもの日のメニューから

こいのぼりミートローフ

離乳食について

一人一人の離乳食の状況を把握し、無理のないよう進めています。

離乳食について

初期

にんじんのすりつぶし煮
かぶのすりつぶし煮
ブロッコリーのすりつぶし煮

離乳食について

中期

にんじんのつぶし煮
かぶのつぶし煮
豆腐のおろし煮
スープ

離乳食について

後期

にんじんのごま和え
かぶの含め煮
豆腐のおろし煮(ブロッコリー添え)
スープ

木の実保育園

木の実西部保育園

木の実北保育園


平成30年度

保育士募集要項

募集要項(第二次)

受験申込書