今日の木の実っ子

2019年12月 クリスマス会を行いました。

  12月、街はクリスマスのイルミネーションでいっぱい。「サンタさん、くるかなあ」「○○が欲しいですって手紙かいたよ」なんて声が聞こえてくる季節です。木の実北保育園では、日頃のうたや劇などの遊びをお家の方に披露しながら、みんなでクリスマスを楽しむ会を行っています。

 今年も、小さいクラスはわらべうたや絵本をモチーフにしたうた遊びを、大きいクラスのおともだちは絵本やお話の世界を劇にして遊びました。

 会の前日は「はあ~、ドキドキする!」「明日、楽しみ!」という声があがります。年長さんは合奏にキャンドルサービスと出番もたくさんあるので友だちと手をつないで緊張の糸を解く姿もありました。もしもサンタクロースが来たら、聞いてみたいこともたくさん。「なんで空をとべるの?」「どうしておもちゃがいっぱいあるの?」「好きな食べ物はなに?」「何歳なの?」クリスマス会への期待を膨らませながら本番を迎えた子どもたちでした。 

 

  かりん組(年長児)による合奏『ホールニューワールド(アラジンより)』

いろんな楽器に触れて担当を決めました。友だちと息を合わせる難しさ、リズムを合わせる心地良さを味わって、本番は大成功でした。                   

  どんぐり組(0歳児)【だるまさん】に変身!全員でかわいらしいだるまさんになってくれました。       


  くるみ組(1歳児)【おんがくたい】になってうた・手作り楽器遊びを披露してくれました。体調が崩れて参加できないお友だちが多くてちょっと残念でした。

 すもも組(2歳児)【(絵本)もりのおふとん】をモチーフに、動物になりきって遊びました。「ふかふかおふとんいい気持ち♪」のセリフがかわいらしかったね。


 ゆず組(年少児)【(絵本)おおかみと7ひきのこやぎ】を劇ごっこにして遊びました。友だちのセリフも覚えて一緒にお話ししていましたよ。

       

 かき組(年中児)【オズのまほうつかい】をモチーフにして劇を作りました。うたを元気にうたったり、友だちのセリフを教え合ったり毎日楽しく遊んでいました。   

          


                 

         

 かりん組(年長児) 【ちからたろう】の劇。役割はひとつではありません。ナレーション、効果音、小道具の出し入れ・・・みんなで力を合わせて元気いっぱいに魅せてくれました。24人全員が主人公でした。       

2019年12月 保育室スナップ♪~どんぐり、くるみ、すもも、ゆず~

  どんぐり組

段差や斜面もなんのその。たくさんよじ登ったり下りたり歩いたりできるようになってきました。       

  どんぐり組

握ったものを目指すところに「ぽっとん。」上手に入れるようになったよ。「やったね!」の機会がたくさんあります。             

 くるみ組

お友だちと前後につながることができるようになりました。       

 くるみ組

「どんどんばし わたれ さあ わたれ~♪」先生の真似っこをして声を合わせています。

  くるみ組

クリスマスを毎日楽しみました。       

  すもも組

街の中の"クリスマス"探し。サンタクロースやツリーをいっぱいみつけてきました。

  すもも組

友だち大好き!「○○くん、こっちきて!」「○○ちゃん、一緒にごはんたべようよ」と声を掛け合う姿がたくさん見られるようになりました。       

  ゆず組

一人で黙々遊ぶことも楽しいけれど、友だちと一緒に「こんな風にしようか」と考え合って遊ぶことが増えてきました。       

 ゆず組

友だちと一緒に遊ぶうちに面白いことがどんどん増えてきます。大人ではできない発想が生まれてくる3歳児です。       

木の実保育園

木の実西部保育園

木の実北保育園