木の実保育園

木の実保育園

※木の実保育園は敷地内全面禁煙です

園長・主任のつぶやき

      2019年2月 オニはこわい

   2月に入ってすぐ、木の実保育園にオニがやってきました。

 さあ、みんなの心の中に棲んでいるオニはどんなオニ?なんて話をしていたから、「泣き虫オニ」「おこりんぼオニ」「いじわるオニ」それはそれはいろんなオニが出てくる子どもたち。いざ、オニが来た!となると、やっつけてやるつもりだった勢いはどこかに飛んで行き、手に握った煎った青豆は手のひらのなかで汗まみれになります。「いやあ!こないで~」涙まじりに全力疾走のかえで組、さくら組です。ひまわり組さんは大好きな先生のまわりに必死に集まり豆を投げる余裕なんてありません。

 大好きな先生がオニに捕まってしまいました。『大変!連れて行かれちゃう!!子どもたち助けて~』必死な保育者に対して真顔でどうしようか悩む面々です。誰もオニに立ち向かうことができないまま・・・「たたかうよ、マカセテ!」と言っていたさくら組のEくんは「あやこせんせいのこと助けたいんだけど、どうしてもこわくていけないんだよ~」涙ながらに訴えていました。そんな中、かえで組のKくん、勇気を振り絞って「オニはそと~~~!!」たった一人で助けに行っていました。

 なでなでしてもらったり、タッチしてもらった子もいたのですが、ひとしきり走り逃げ惑う子どもたちでした。握った豆は全部投げました。

オニは園から逃げていきました。「きたほいくえんにいったんじゃないの?」「せいぶほいくえんかも」姉妹園を心配するかえで組です。

 放心状態のみんなに「どう?心のオニはいなくなったの?」と尋ねると、それぞれ胸に手を当てながら「うん、うん」と強くうなずく子どもたちでした。声も出ず必死に逃げていたさくら組SちゃんとKくんが「もう、だいじょうぶだよ」と泣きじゃくるMちゃんをなぐさめ抱きしめあっていました。

 ただこわい思いをしただけの豆まきではありません。自分の心を見つめ、毎日の自分の生活を見つめなおす一つの機会になりました。友だちがいるから頑張れる、そんな機会でもありました。オニは怖かったけれど、気持ちを強くできた一つのステップになったのではないでしょうか。

お問い合わせ先

所在地〒990-0044
山形市木の実町14番15号 木の実保育園
TEL023(633)1622 
FAX023(633)1624
お問い合わせはこちら

木の実保育園

木の実西部保育園

木の実北保育園