今日の木の実っ子

クラスの様子

ほしぐみ(0.1歳児クラス)


にじぐみ(1歳児クラス)
ひかりぐみ(2歳児クラス)
そらぐみ(3歳児クラス)
つきぐみ(4歳児クラス)
たいようぐみ(5歳児クラス)

お泊まり保育

 今年度も日中は月山方面へ行ってきました。月山ダムの噴水を見てみんなで盛り上がり、美味しいソフトクリームを食べてきました。その後は、大井沢の自然と匠の伝承館へ行き、土鈴の絵付け体験をしたり、博物館を見学してきました。天気にも恵まれたため、弓張平の公園でお弁当を食べ、アスレチックで思いっきり遊んできました。帰りは道の駅に寄り、お土産選び。グループでどんなお土産がいいか悩みながら、決めてきました。園に戻るバスの中では、お昼寝タイムの子も。それで充電し、園に着いてからも楽しいことはまだまだ続きます。フォトフレーム作りに花火大会。日中とは違う夜の園内探検と盛りだくさんの日程を楽しみました。

 夜は、ちょっとお家の人を思い出し、寂しくなる子も…でもそれ以上にお家の方もお子さんと離れて寝る長い夜になったことでしょう。

 次の日のお迎えの時には、一回りも二回りも成長した我が子を見て、涙ぐむお家の方も…

 子ども達は、みんなと一緒にお泊まりできたことで自信がついたようで、「また泊まりたい」「楽しかった」と大満足でした。

夏祭り

 待ちに待った夏祭り。天気にも恵まれ、コロナウイルスの感染対策と熱中症対策をしながら行いました。

 今年度は食べ物の出店はせずに、プレイコーナーを充実させて楽しめるようにしました。

 第1部ではオープニングで、つきぐみが花笠踊り、たいようぐみが徳内ばやしを披露し、大成功。その後は、プレイコーナーを回ったり、フォトスポットで写真を撮ったりして楽しみました。

 第2部、第3部でもそれぞれご家族で楽しむ姿が見られ、開催できたことに感謝です。

第20回運動会

 コロナ禍3年目の今年も運動会は、入れ替え制で開催しました。初めての運動会を経験した0歳児、去年よりも出来ることが増えた1歳児、2歳児の未満児クラスは、親子競技を行い、短時間ではありましたが、親子で触れ合いながら楽しい時間となりました。子どもの記憶には残らないかもしれませんが、大きくなった時に写真や動画でお家の方から抱っこされたり、一緒に参加している姿を見て、「愛されてたんだなぁ」と感じるのではないでしょうか。

 3歳以上児は、一人一人が主役!「お家の人にがんばっている自分を見て欲しい」と、一つ一つ楽しみながら、頑張りました。当日の出来栄えも大切ですが、一番大切にしたいことは、当日までの練習の中での過程です。なかなかうまく膨らまなかったバルーンも、「どうしたら膨らむかな?」と友達や担任と一緒に考え、意見を出し合い、それをやってみる。失敗したり、上手くいかなかった体験をし、成功へと繋がっていく…そんな経験をたくさんし、当日を迎えた子ども達は自信を持ってどの競技にも参加していました。「負けても最後まで走り切ることが大切」と園長先生からたいようぐみの子ども達は教わり、当日も最後まで全速力でがんばってくれました。そんな子ども達に心から拍手を送りたいと思います。

 たくさんの応援、ありがとうございました。

生活発表会

 今年も1、2歳児は平日に各クラスごと、普段楽しんでいる表現遊びを盛り込みながら、発表会を行いました。1歳児も2歳児もいつもとは違う雰囲気に緊張しながらも、自分らしさを出しながら、最後までがんばりました。

 3、4、5歳児クラスは2部制で行い、3歳児は「ぽんたのじどうはんばいき」の劇ごっこ、4歳児は「めっきらもっきらどおんどん」の劇を披露しました。お家の方に見せるんだ!という意識を持ち、当日を楽しみにしていた子ども達。友達と力を合わせて作り上げた劇にお家の方もたくさん拍手を送ってくれました。

 5歳児は最後の生活発表会。オープニングでは、合奏「手のひらを太陽に」の曲をみんなで心を一つに演奏しました。初めはなかなか合わなかった合奏も何度も合わせるうちに、音がピタッと合うようになりました。ウエルカムキャンドルでは、「星に願いを」の曲でキャンドルに灯った火を見ながら、素敵な時間が流れました。そして、オペレッタ「エルマーのぼうけん」では、自分たちで考えた振付や身振り素振りで一人一人が主役になり、お家の方の目からも光るものが…本当に心も体もたくましく大きくなったなぁと感じました。

 子ども達、一人一人が輝いた生活発表会となり、お家の方の励ましに感謝です。ありがとうございました。

=採用情報=

保育教諭を募集しています

詳細は下記の要項に記載のとおり

月給制臨時(フルタイム)

時給制臨時(パート)

木の実こども園

木の実西部こども園

木の実北こども園