木の実西部保育園

木の実西部保育園

※木の実西部保育園は敷地内全面禁煙です


今年も木の実っ子たちが元気に野山を駆けめぐり、

楽しい毎日が送れるようみんなで支え合い、

子どもたちの成長を喜び合える一年にいたしましょう。


園長・主任のつぶやき



         自分たちで育てた野菜を使って、楽しくおいしくクッキング!!


 秋の訪れとともに、各クラスから“おいしい活動”の便りが届いています。

春に種や苗を植えて、暑い夏にせっせと水やりや草取りをして育ててきた野菜たち。

子どもたちは「芽が出たよ」「赤ちゃんの実があるよ!」など野菜を身近に感じながら日々観察してきました。そんな野菜たちが収穫され、どんな活動に発展していったのか園生活の一コマをご紹介したいと思います。

木の実西部保育園では、1歳児の後半クラスから食体験活動としてプランターなどで野菜づくりに取り組んでいます。にじ組で育てたのはキュウリ。目の前で大きくなっていくキュウリの姿に子どもたちも興味深々。スライスしてもらったキュウリに塩をふりかけ、袋ごと「もみもみ」して浅漬けを作りました。ひかり組はミニトマト。その酸味が苦てな子もいたようですが、先生たちの工夫でおいしいミートソースに変身。ホットドックを作って味わいました。そら組はトウモロコシでコーンスープ。イエローポップでポップコーンを作りました。ポップコーンはお店屋さんごっこに発展し、お客様をお招きすることを楽しみに準備する姿がとても愛らしかったです。つき組はサツマイモを栽培しましたが、ほかの野菜と違ってお芋そのものは土の中。どれくらい成長しているのか、地上のつるや葉が大きく長くなるのを観察しながら想像力を働かせ、いよいよ収穫。とてつもなく大きくなっていたさつまいもに大興奮しながら、その日のうちに園庭のレンガのかまどで焼き芋に!アツアツのお芋にみんな口を「ハフハフ」させていました。さらにサツマイモご飯やお芋のデザート作りにも挑戦。違った味わいも楽しめましたね。たいよう組はジャガイモを育て、子どもたちで話し合って、カレーライスとポテトサラダを作ることになりました。年長組ともなると、包丁やピーラーも使いこなし、みんなで仕事を分担し、できる仕事も多くなります。自分たちで作ったご馳走に大満足の様子でした。そして…これから冬に向かいますが子どもたちの畑の活動はまだ続いています。秋撒きの「大根」をつきとたいよう組で。「大きなカブ」をそら組が育てています。畑の先生の逸見のおじさんから、間引きの仕方を教えていただき、先日間引いた葉っぱも無駄にせず、お味噌汁や菜飯にして味わいました。長~く太い大根、大きな大きなカブの収穫も楽しみですね!今度はどんな料理に変身するのかな? 






















































































































































お問い合わせ先

所在地〒990-0836
山形県山形市南石関30番1
TEL023-647-4883
FAX023-646-7222
お問い合わせはこちら


【 2020年度 採用情報 】

二次試験合格者受験番号


ホー01  ホー02

ホー05  ホー07

*正式通知は別途郵送します。

木の実保育園

木の実西部保育園

木の実北保育園